新型コロナワクチン接種スタート

12月27日から新型コロナワクチンの接種がギリシャで始まりました。

現地メディアによると、ギリシャで最初に接種を受けたのはエヴァンゲリズモス総合病院ICUの女性看護師、二人目は高齢者施設にいる88歳男性で、その後、大統領、首相などが続き、国民へのメッセージを出しました。予定では今後まず医療従事者、高齢者、そして2月には一般の人々のワクチン接種へと移行します。

12月27日付、国立公衆衛生機構の発表によると、直近1日の国内の新規感染確認数は342人、死者53人、ICUに入院中の重症者は469人となっています。ギリシャ国内で新型コロナウイルス感染確認が始まった今年2月末以降、これまでの累計感染確認数は135,456人です。


#ギリシャの新型コロナウイルス感染状況 #ギリシャのワクチン接種